• search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_01
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_02
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_03
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_04
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_05
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_06
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_07
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_08
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_09
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_10
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_11
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_12
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_13
  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_14
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_01
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_02
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_03
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_04
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_05
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_06
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_07
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_08
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_09
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_10
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_11
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_12
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_13
  • 1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_14

search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_overview
往年のロングノーズ&ショートデッキというスタイルから一変、ワイド&ローフォルムへと生まれ変わった4代目フェアレディZ。Z32という型式を持つこのモデルは1989年7月に登場し、国産車では初めて自主規制となる280psに到達した。
ボディはショートホイールベースの2シーターと、ロングホイールベースの2by2が用意され、共に3?V型6気筒ツインターボのVG30DETT(280ps)と、そのNA版VG30DE(230ps)を搭載。ミッションは5速MTもしくは4速ATが組み合わされた。また、2シーター、2by2ともにノーマルルーフとオープンエアを楽しめるTバールーフがラインアップされるなど、多彩なバリエーションもZ32の魅力となった。
当個体は2シーターのツインターボ5速MTモデルをベースに、アメリカ・ユタ州ソルトフラッツで行われる最高速の祭典、『ボンネビルスピードトライアル』に参戦するため、1991年に国内屈指のチューニングメーカー、JUNオートメカニックが創り上げた1台である。
エンジン強化と同時に排気量を3.1?に拡大。両バンクにポルシェのグループCカー用タービン、KKK製K27.2が1基ずつセットされ、最高出力はブースト圧1.8kg/cm2時に900ps、2.0kg/cm2時に1000psを超える。ボディは標準のスタイリングをベースに、各部はボンネビル仕様ならでの仕様とされている。ボンネット中央部の大型化はサージタンク.形状を大幅に変更のためで、吸気効率の向上に貢献。また、高速安定性を高めるため、ワンオフ製作されたリヤアンダーディフューザーは十分なダウンフォースを発生する。ボンネビルスピードウィークでは、この仕様で最高速261.932mph(421.536km/h)を記録し、当時のクラスレコードを大幅に更新。また、日本で組み上げられ、実速400km/hを超えた国産車ベースのチューニングカーとしても伝説的な存在と言える。
帰国後は、最高速のみを狙った超ハイギヤードなファイナル比こそストリートユース向けに3.5に変更されているが、エンジンの仕様は基本的にボンネビルを走った時から変わっていない。レコードホルダーという輝かしいヒストリーに加え、最高速に限らずストリートにも適応することから、世界に誇る日本の優れたチューニング技術を実感できる貴重な1台と言えるだろう。