• 1966_SPOON_S800_01
  • 1966_SPOON_S800_02
  • 1966_SPOON_S800_03
  • 1966_SPOON_S800_04
  • 1966_SPOON_S800_05
  • 1966_SPOON_S800_07
  • 1966_SPOON_S800_08
  • 1966_SPOON_S800_10
  • 1966_SPOON_S800_11
  • 1966_SPOON_S800_12
  • 1966_SPOON_S800_13
  • 1966_SPOON_S800_15
  • 1966_SPOON_S800_20
  • 1966_SPOON_S800_23
  • 1966_SPOON_S800_01
  • 1966_SPOON_S800_02
  • 1966_SPOON_S800_03
  • 1966_SPOON_S800_04
  • 1966_SPOON_S800_05
  • 1966_SPOON_S800_07
  • 1966_SPOON_S800_08
  • 1966_SPOON_S800_10
  • 1966_SPOON_S800_11
  • 1966_SPOON_S800_12
  • 1966_SPOON_S800_13
  • 1966_SPOON_S800_15
  • 1966_SPOON_S800_20
  • 1966_SPOON_S800_23

1966_SPOON_S800_overview
S500に始まるホンダFRスポーツの最終進化モデルが1966年1月に登場したS800。ボディサイズは全長3335mm、全幅1400mm、全高1200mm、車重は720kgと今どきの軽自動車よりもコンパクトかつ軽量で、ソフトトップを備えたオープンと、コーダトロンカ風のスタイリングを持つクーペが用意された。いずれも、791ccの直4DOHCエンジンを搭載。そもそもがバイクメーカーらしく、クランクシャフトは組み立て式とされ、メインメタルの代わりにローラーベアリングを採用するなど独特なメカニズムを持つ。さらに、京浜製4連CV(可変ベンチュリ)キャブレターと等長エキゾーストマニホールドを備え、最高出力70psを8000rpmで、最大トルク6.7kgmを6000rpmで発生し、「時計のように精密に回る」と形容された高回転型ユニットである。
そこにフルシンクロ化が図られた4速MTが組み合わされ、0-400m加速タイム16秒9、最高速度160km/hと、当時の国産車においてトップレベルの動力性能を誇った。ごく初期のモデルのみ、リヤサスペンションがトレーリングアーム内に後輪を駆動するためのチェーンを内蔵した独立懸架だったが、デビューからわずか4ヵ月後の1966年5月にマイナーチェンジが行なわれ、4リンクにパナールロッドを追加した一般的なリジッド式に変更された。
その後、1968年5月にS800Mが登場。これは北米市場に向けた改良を施したモデルで、フロントディスクブレーキやラジアルタイヤ、ボディ四隅のマーカー、フロントフェンダーへのウインカー追加などが従来モデルとの相違点であった。
当個体は1968年式S800クーペの国内モデル。フレームナンバーとエンジン&ミッションナンバーが合致することから正規のS800と認められた個体をベースに、ボディ、シャシー、サスペンション、ブレーキと、数年もの歳月をかけてフルレストアが施されている。中でもエンジン、ミッション、デフは新車状態に忠実なオーバーホールを実施。また、フロントブレーキには当時オプション設定されていたダンロップディスクを装着。それに合わせて、ブレーキマスターシリンダーやリヤホイールシリンダーも対応品に交換されている。外装で目を引くアルミホイールは通称RSCレプリカと呼ばれるもの。サイズは13インチ、リム幅4.5Jで、アドバンネオバがチューブレスで組まれる。このあたりはオリジナルをただ踏襲するのでなく、現代の交通事情を考慮しつつタイヤ交換時の煩わしさも回避するなど、実にユーザーライクなアップデートが図られている。
半世紀前の国産スポーツカーだが、このままの状態で一切の不安なくロングドライブも楽しめる仕上がり。ファンな走りはもちろん、その希少性も含めて、S800クーペの魅力は今後も増すばかりである。