prev

  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_01
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_02
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_03
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_04
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_05
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_06
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_07
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_08
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_09
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_10
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_11
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_12
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_13
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_14
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_15
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_16

search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_overview
4代目C110型スカイライン、通称“ケンメリ”を最後に途絶えていた伝統のGT-Rが16年ぶりに復活。1989年8月に発売されたのがBNR32型スカイラインGT-Rです。BNR32には、当時サーキットで大きな盛り上がりを見せていたJTC(全日本ツーリングカー選手権)のグループAクラス制覇という至上命題が与えられていました。
それを最もよく表しているのがBNR32のために専用設計された、直列6気筒のRB26DETT型エンジンです。ボア径φ86.0×ストローク量73.7mmから稼ぎ出される2568ccという排気量は、500cc刻みで設定されることが多い国産車の中では極めて異質に思えますが、これはレースレギュレーションで定められていたターボ係数1.7を掛けて4500cc以下となるディヴィジョン1へのエントリーを考えてのことでした。
ディヴィジョン1は最低車両重量が1260kg、使用できる最大ホイール幅が11Jと定められ、エンジンと並ぶBNR32のもうひとつのメカニズム的な特徴である前後駆動トルク配分型電子制御4WDシステム、アテーサE-TSを搭載した上で最もレースを有利に戦えるという判断からでした。
こうしてグループA制覇のために誕生したBNR32は、1990年のJTC開幕戦で異次元の速さを見せつけて鮮烈なデビューtoウィンを飾ります。そして、グループAが終焉を迎える1993年の最終戦まで破竹の29連勝という、日本のモータースポーツ史に燦然と輝く金字塔を樹立しました。
そのようなレースヒストリーを持つBNR32は、1994年の生産終了までに約4万4000台が販売されました。それまでの国産車に比べてパワーアップに対する各部の耐久性が格段に高く、1990年代前半に国産チューニングのレベルを一気に引き上げたこともBNR32の大きな功績と言えるでしょう。
グレード展開は標準車を軸に、グループAホモロゲモデルとして限定500台が発売された“GT-R NISMO”(1990年)、装備を簡略化したN1耐久レース用ベース車両の“N1”(1991年)、ブレンボ製キャリパーとディスクローター大径化に合わせてホイール&タイヤの17インチ化が図られた“Vスペック”(1992年)、Vスペックに45扁平タイヤ(245/45R17)を装着した“VスペックⅡ”(1994年)などがラインアップされました。