• search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_01
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_02
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_03
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_04
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_05
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_06
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_07
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_08
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_09
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_10
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_11
  • search3nd_1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_11
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_01
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_02
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_03
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_04
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_05
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_06
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_07
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_08
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_09
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_10
  • 1990_NISSAN_SKYLINE_GT-RBNR32_11

Result ¥8,800,000
4代目C110型スカイライン、通称“ケンメリ”から途絶えていた伝統のGT-Rが16年ぶりに復活。1989年8月に発売されたのがBNR32型スカイラインGT-Rである。BNR32には、当時、大きな盛り上がりを見せていたJTC(全日本ツーリングカー選手権)のグループAクラス制覇という至上命題が与えられていた。
それを最も表しているのが、BNR32専用設計、直列6気筒のRB26DETT型エンジンである。2568ccという排気量は、従来の国産車の中では極めて異質だが、これはレギュレーションで定める、ターボ係数1.7を掛けて4500cc以下となるディヴィジョン1へのエントリーを考えてのことであった。
最低車両重量1260kg、最大ホイール幅11Jとの規定に対し、エンジンと並ぶもうひとつの特徴である、前後駆動トルク配分型電子制御4WDシステム、アテーサE-TSで対応。全ては、勝つための判断からである。
こうしてグループA制覇のために誕生したBNR32は、1990年JTC開幕戦で異次元の速さを見せつけて、デビューtoウィンを飾る。そして、グループA最終年、1993年まで破竹の29連勝という、日本のレース史の金字塔を樹立したのだった。
また、国産車に比べて、各部の耐久性が格段に高く、国産チューニングのレベルを引き上げたこともBNR32の大きな功績と言えるだろう。
グレード展開は標準車を軸に、ホモロゲモデル、限定500台のみの“GT-R NISMO”(1990年)、装備を簡略化したN1耐久用ベース車両の“N1”(1991年)、ブレンボ製キャリパーとディスクローター大径化に合わせてホイール&タイヤの17インチ化が図られた“Vスペック”(1992年)、Vスペックに45扁平タイヤを装着した“VスペックⅡ”(1994年)などが展開された。
当個体は平成2年式で走行距離3704km。ジェットシルバーメタリックのボディはロールアウトから四半世紀が経つにも関わらず、当時の輝きを保っている。また、車高を落とした個体が大半を占める中、純正の足回りを装備しているのは奇跡的といえる。ホイールも純正16インチ鍛造品で、新車当時、標準装備のポテンザRE71の組み合わせとなり、エンジンはフルノーマル。エアチャンバーの黒い結晶塗装に剥がれはなく、程度の良さが伝わってくる。また、純正調整式ストラットタワーバーは今やレアアイテムとなっている。