• search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_01
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_02
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_03
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_04
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_05
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_06
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_07
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_08
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_09
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_10
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_11
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_12
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_13
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_14
  • search3nd_2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_15
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_01
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_02
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_03
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_04
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_05
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_06
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_07
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_08
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_09
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_10
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_11
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_12
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_13
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_14
  • 2002_NISSAN_SKYLINE_GT-R_VSPEC_II_NUR_BNR34_15

Result ¥35,200,000
第2世代GT-Rの最終進化モデルであるBNR34型は1999年1月、東京オートサロンで初披露された。大ヒット作BNR32から先代BCNR33へのフルモデルチェンジではボディの大型化、重量増などの批判を受け、BNR34ではスリム化を敢行。BCNR33に対して全長で75mm、ホイールベースで55mmの短縮。同時に全幅は5mm拡大され、運動性能を高めている。
エンジンは伝統のRB26DETTだが、タービン軸受けがメタル式からボールベアリング式へと変更されたのがポイント。これはレスポンス向上を狙った改良で、併せてブースト圧の引き上げやECUの最適化も図られている。最高出力こそ280psながら、最大トルクはBCNR33比プラス2.5kgmの40.0kgmに到達した。
また、パワートレインではトランスミッションが前モデルの日産内製5速MTから、BNR34ではゲトラグ社製6速へチェンジ。ブレーキはブレンボ製キャリパー(F:4pot R:2pot)が標準装備された。さらにVスペックでは、状況に応じて左右後輪の差動制限を積極的に行うアクティブLSDを含む、アテーサE-TS PROが採用されている。
その後、2000年のマイナーチェンジで登場したVスペックⅡではNACAダクト付きカーボン製ボンネットを装備。フロント軸重を抑えることでアンダーステア軽減に貢献した。また、2001年には従来のGT-R像を覆す、GTとしての快適性を追求したMスペックが登場。専用ダンパーの採用により、しなやかな乗り心地を実現している。
そんなBNR34も、排気ガス規制への対応が難しくなり、2002年に生産中止に追い込まれる。そこでファイナルエディションとして、VスペックⅡとMスペックに限定1000台(当初は500台予定で発表、後に顧客からの要望で増産)で販売されたのが“Nur(ニュル)”である。
エンジンは強化ブロックを元に、各部バランス取りを施し、メタルブレード製タービンを組み込んだN1エンジンを搭載。また、専用300km/hフルスケールスピードメーターの採用など、第2世代GT-Rの有終の美とも言える内容を誇り、BNR34の中で最もコレクタブルカーとしての価値の高いモデルとなっている。
当個体は幻とも言える未登録の新車で、オドメーターが表示する走行距離はわずか10km。VスペックⅡの中でも、最終限定モデル“Nur”は貴重な1台であり、よりスパルタンなVスペックⅡをベースとした“Nur”はおよそ300台の販売となりより貴重な存在。エンジンは専用色のゴールド配したN1仕様となり、内装は触れるのを憚られるほどの“新車状態”を保つ極上モノである。