AUCTION

TOKYO

MAKUHARI MESSE

FRIDAY, 12 JANUARY 2018

VIEW LOTS

CATALOGUE

日本最大級のカーエンターテイメントショーと
日本発信のコレクタブルカーオークションが融合。
毎年1月に千葉県・幕張市にある日本最大のコンベンションホール、幕張メッセで開催される東京オートサロン。その歴史は古く、2018年で36回目の開催となります。チューニングカルチャーやモータースポーツを軸とした日本独自のアフターパーツのショーとしてスタートした「東京オートサロン」ですが、現在では日本の主要自動車メーカー、さらには海外からのインポーターが多数出展する、国際的な「カーエンターテイメントショー」へと発展。3日間の会期中に延べ30万人の来場者が訪れる、アジア最大の「モーターショー」となっています。
ショーの初日となる2018年1月12日(金)に「東京オートサロン・オークション with BH AUCTION」の併催が決定しました。会場は幕張メッセ・イベントホールを予定しており、場内をオートサロンの一般来場者にも公開(一部ビッダースペースはパス制限)することで、単なる車両売買の場ではない、より透明性のある、そして何よりエンターテイメント性に特化させるための、“日本発信のコレクタブルカーオークション”の未来を賭けた仕掛けの数々が企画されています。

オークション
2018年1月12日 金曜日
 
※その他詳細は、現在調整中です。
場所
幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
イベントホール
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
入場に関して
1月12日(金)のオークションの入場は、入札者、販売委託者、資格のある報道陣だけとさせていただきます。
※一部オークションの模様は一般来場者にも公開予定。
入札者登録
登録にはカタログ1冊と2名分の(入札者とゲスト)の入場券が含まれます。
豊富な知識
我々は車のヒストリーを重要視しています。正確なヒストリーを持ち、十分にリサーチが行われた出品車をご提供できるように努めております。
車両にまつわる情報、備品、証書、ツールキットなどを揃えて出品しており、それら全てが現地に設けられているヒストリーライブラリーにてご覧いただけます。
“Access the Knowledge””と書かれたサインを目印にお探しください。